2015年06月29日更新

本格的な夏到来前に知っておきたい!熱帯夜、ぐっすり眠るための5つの方法☆

暑い夏、ただでさえ日中の暑さで体力消耗しているのに、夜も暑くて眠れないことはありませんか? でも窓を開けて寝るのは防犯上怖いですよね。そんな時には、ちょっとした工夫をしてみましょう。 快適な睡眠で健康と美容を守って、夏を快適に過ごせるといいですね。

①ぬるめのハッカ風呂にゆっくり入る

日中、汗をかくたびにこまめにシャワーを浴びてるし、
お風呂は上がってからが暑くて、夜もついついシャワーにしがち。
でもお風呂に入ると血行が良くなり、ぐっすり眠れるようになりますよ。

お風呂にハッカ油を数滴入れてみてください。
気持ちのよい香りを楽しむだけではなく、お風呂上りの肌がスーッとひんやりします。
このハッカ油の効果、実際に体温が0.4度低くなるという報告があるくらいですから
暑い夏、ハッカ油を味方につけてみませんか?

②夕食は早め・軽めで、冷たいものやアルコールはほどほどに

暑いと、冷たいものを食べたり飲んだりしていまいますが、
身体を冷やしすぎると、体調不良を引き起こしてしまいます。
温かいものを就寝時間の3時間前までに食べることが、安眠に効果的です。

出典:https://latte.la/ ねばねば食材に含まれる「ムチン」という成分が疲労回復に効きます!

③寝具に工夫~麻が気持ちいい~

いつもどんな寝具で眠っていますか?
寝具にちょっと工夫をするだけで、気持ちよさが格段に違います。
それは麻のシーツや枕カバーを使うこと。
麻のシャリっとした肌触りとひんやり感が気持ちよく、ぐっすり眠れます。

そして寝具の色にもポイントが。

ブルーやグリーンなど鎮静色のリネングッズに変更するだけで寝付きに変化があるかも。ブルーは見た目が涼しいだけでなく、集中力を高め心を落ち着かせることができます。

出典:http://getnews.jp/

さらに麻の特長として、乾くのが早いこと。
普段大人が一晩にかく汗の量は200ml程度、熱帯夜だと500mlと言われます!
布団を干すことはもちろんですが、シーツ類もこまめに洗濯したいですよね。
麻は朝干して、お昼には乾いています。毎日洗いたての肌触りを楽しみませんか?

④首を冷す

昔ながらの「アイスノン」など、身体を外から冷やすグッズを活用します。
最近は冷やしても硬くならないものだったり、サイズを選べたり、色々あります。
ドラッグストアで購入できます。
冷凍庫で冷やしたものに、タオルを巻いて使います。
直に使うのは冷たすぎるのでやめましょう。

出典:http://hikiwaru.exblog.jp/ カバー付きです。

1 2 次へ

関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

2016冬♡しまむらで絶対買うべき冬アイテム8選とコーデまとめ

happy eraser

2016冬♡水色に合う7色ファッション♪モテデート服や通勤コーデ

MeeNa

2016冬♡ドレスの色に合うシンプル系ネイル集♪結婚式お呼ばれに

MeeNa

【最新】2016秋冬♪人気ヘアカラー20選セミロング・ロング編】

happy eraser

2016最新肌着比較♪ヒートテック、ファイバーヒート、GUウォーム

kijikiji

公式アカウント

いいね!して友達に知らせよう

話題のキーワード

いまmasimaroで話題になっているキーワード

キーワード一覧